お世話になっています

一昨日は、3年前にお世話になったギャラリーDAZZLEの

第7回実践装画塾・終了装丁展のオープニングパーティーに

伺ってきました。

http://gallery-dazzle.com/

 

今年も11名の皆さんの個性が、講師の方々によって醸造され

それぞれの力が発揮された、充実した展示でした。

講師の方々の装丁も、相変わらずの美しさです。

パチパチパチ。。と心の中で拍手しながら拝見しました。

いつも思うことですが、同じ課題図書でも

こんなに切り口が違う作品ができるのかと改めて、装画の難しさ

深さを感じました。

9月24日(日)まで、外苑前のギャラリーDAZZLEで

開催していますので、よかったら覗いてみてください。

 

自分が受講していた時は、あまり気持ちの余裕がなくて

嵐のように過ぎ去ってしまった半年でしたが

今の自分が受講してみると、どこまで進歩しているのだろう?

と思うことがあります。(進歩していなかったらどうしよう~。汗)

もうあれから3年が経ちましたが、展示に伺うと

皆さん、温かく迎えてくださるので、ありがたくて嬉しいです。

 

ところで、この装画塾で講師をされている

デザイナーの臼井新太郎さんが装丁されている、森魚名さんのご著書

「偽装恋愛」ある痴人の告白

が彩流社より発売されました。

森さんの実体験をふまえた?妄想エロティック小説です。

 

高須賀優さんの「執着」を感じる迫力ある装画が、小説に花を添えています。

制作協力を後藤祥子さんがされていて

高須賀さん以外は、日本図書設計家協会の会報委員会(会報を制作するチーム)

でいつもお世話になっている(森さんは昨年退会されましたが)皆さんです。

ちょっと嬉しくなってしまったので。。!ご紹介しておきます。

 

それにしても、ここ3年で

私の人間関係も大きく広がったなと感じています。

びくびくしながらオールを漕ぎだすと、そこは大海原だった。。

けれどそこには、美しくて魅力的なお魚がいっぱい泳いでいて

私は間違った方向には向かっていない、と確信が持てる今日この頃です。

 

What's New