時代

3月は何かと忙しくしていて

ブログの更新が遅くなってしまいました。

ここ数日花冷えしていますが、みなさんお元気でしょうか?

やっと春が訪れましたね~。

 

とうとう「平成」の時代も終わりが近づいてきました。

時代の節目を堪能できるほど、ゆったりと過ごせていない

今日この頃ですが、それなりに忙しく過ごせているのは

ありがたい気がします。

 

昨日は本当に久しぶりに中学校時代の友人二人に会ってきました。

お互い歳はとったけれど、たわいないおしゃべりしていると

中学時代が蘇ってくるようで楽しかったです。

お互いとりまく環境は少しずつ変化していて

二人とも、義理の親御さんの介護の真っ最中でした。

年頃の子供の話や、あの人はどうしているとか

満開の桜と同じように話に花が咲きました。

 

一人の友人が、つと若い頃の話をし始めて

「あんたが彼氏にフラれた時、吉祥寺のバウスシアター横の

ファミレスで泣きわめていたのを憶えているわよ。」

と言われて、えっ?!と絶句してしまいました。

私はその事実を、きれいさっぱり忘れてしまっていたのです。

辛い時に胸を貸してくれた友人は憶えているのに

泣きわめいていた当の本人は、忘却しているという事実。

若さってコワい。。。笑

きっとこの友人が話を聞いてくれたから

私はきれいさっぱり忘れることができたんだろうなと思うと

この友人に感謝の気持ちがこみ上げてきて

「その節は、どうもありがとうございました。」と

深々と頭を下げたのでした。

 

平成のこの30年で、世の中は目まぐるしく変わった気がします。

ネット通信の普及で社会インフラが変化し

それは人の関係や行動を変化させたと思います。

はては「アラブの春」のような政治革命まで起きました。

それが一番印象深い事でしょうか。

 

日本では災害が多く発生し

多くの人々が被災し、命を落とし今も苦しんでいます。

国の経済は多少上向きましたが、デフレで低迷しているイメージでした。

安全保障の問題も、微妙に難しい局面を迎えている気がします。

一方、スポーツの世界ではアスリートが世界で活躍したり

日本の科学者がノーベル賞を立て続けに受賞したり

悲喜こもごもだったと思います。

個人的には、世の中の人の心が心配になる時があります。

現代人のとりまく環境は多忙で、複雑になっているせいかもしれませんが

昔にくらべて人の心が少しクールで、意地悪に感じる時があります。

自分も気がつくとその潮流に押し流されている感があり

改めて私はイラストレーターとして世の中に

どんな一石を投じられるのだろう?と考えることがあります。

 

とはいえ様々な問題を抱えながらも、日本人という国民は

誠実に、勤勉にお互い支え合ってこれからも過ごしていくのでしょうね。

新元号の時代も、皆さんと明るく楽しく歩んでいきたいです。

 

平成最後の桜を眺めながら

平成最後の春を愛でています。

皆さん、楽しい春をお過ごしくださいね♪

 

家の近所の野川土手のソメイヨシノ。五分咲きくらいでしょうか。
家の近所の野川土手のソメイヨシノ。五分咲きくらいでしょうか。

What's New

現在、お問い合わせフォームからのメールがこちらに届き難くなっています。申し訳ございませんが、私宛のメールは下記のアドレスにお願いいたします。

 

junko_1659☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてアクセスして下さい。)

(2018/更新)

ぺーターズギャラリーコンペ2019で、木内達朗さん、藤田知子さんの審査で最終選考に選ばれました。

(2019/7.26更新)

「大腸がんと告知されたときに読む本」/加藤隆佑さん著(緑書房)の装画を担当しました。

装丁:臼井新太郎さん

(2019/5.25更新)