かがやくひと

まだまだ寒い季節ですが

庭を見ると、チューリップの芽がひょっこり顔を出していて

少しずつ春が近づいているのだなと感じています。

 

周りの人達が「よかった!泣いた!!」と興奮して口にしているので

そんなにいいのかな?と思い、観に行ってきました。

クイーンというバンドのフレディ・マーキュリーをテーマにした映画

「ボヘミアン・ラプソディ」

 

クイーンは学生の頃、貸しレコード屋で借りてきて

テープに録音して何度も聴いた思い出があります。

「ボヘミアン・ラプソディ」という曲を最初に聴いた時の衝撃は忘れられません。

今までこんな曲聴いたことがない!と思いました。

よくこの曲はロックとオペラの融合だと言われていますが

多重録音による壮大なボーカル。

意味深な歌詞。

メロディや構成の素晴らしさ。

もう。。すごい!というしかない曲です。

 

https://www.youtube.com/watch?v=kDy5tg_z0ag

 

ここから少しネタバレなのでご注意を。。

映画でもこの曲を制作した当時のエピソードが語られていて

そうだったのか。。と感じ入りました。

5分という長い尺で、当時のロックシーンとは毛色が違う曲だったので

最初はレコード会社も難色を示したようですが

クイーンは「この曲は絶対ヒットする」と言って譲らなかったそうです。

そしてフレディがどんな気持ちでこの歌詞を書いたのか?

そこにはバイセクシャルである自分に苦悩し、孤独を感じる心情が

そして、万人の悲しみや孤独を歌っているようにも感じられます。

 

学生の頃はフレディのボーカルもクイーンの曲も

すごいのは認めていたけれど、どちらかというとイギリスの

パブ・ロックなど(エルビス・コステロとか)を好んで聴いていたので

あまりクイーンには関心がなかったのですが

今回、色々と知ることができて面白かったです。

やはりラストのライブ・エイドのシーンはウルっときました。

(ライブ・エイドは1985年にイギリスで開催された

アフリカ難民救済を目的とした、20世紀最大のチャリティーコンサート)

 

クイーンと観客の距離の近さがいいなあ。

今度、気持ちが落ち込んだときは「We Are The Champions」

でも聴いてみようと思いました。

 

What's New

現在、お問い合わせフォームからのメールがこちらに届き難くなっています。申し訳ございませんが、私宛のメールは下記のアドレスにお願いいたします。

 

junko_1659☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてアクセスして下さい。)

(2018/更新)

ぺーターズギャラリーコンペ2019で、木内達朗さん、藤田知子さんの審査で最終選考に選ばれました。

(2019/7.26更新)

「大腸がんと告知されたときに読む本」/加藤隆佑さん著(緑書房)の装画を担当しました。

装丁:臼井新太郎さん

(2019/5.25更新)