雪がふるのは(本文)

昨日は節分でしたね。

仕事が押していたので、気がついたら撒く予定だった豆を

ハトのように食べてしまいました。

でも恵方巻は食べましたよ~。

 

この恵方巻、最近フードロスが問題になっていて

スーパーやコンビニ業界では色々と対策を練っているようですが

それでも全国で10億円ほどの恵方巻が売れ残り、一部は豚の飼料に

残りは焼却処分されているらしいです。↓

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/iderumi/20190204-00113564/

 

フードロスの問題は恵方巻に限らず、色々な食品でも発生していることなの

ですが、節分の日限定で売って食べる商品なので

目立ちますよね。(そういえばクリスマスケーキも)

 

昨日の夕方、コンビニに行ったら恵方巻が20%引きで売られていたので

海鮮巻きずし定価1,100円を880円で買って

東北東に向かって食べました。笑

 

フランスではスーパーで売れ残った賞味期限切れの食品を

慈善団体の要請に従って寄付することが義務づけられた法律ができたそうで

日本でも、国や業界が先導してルール作りをしていったらと思いますが。。

商品って消費者のニーズから作られていると思うので

私達消費者の意識も問われている問題なのかもしれません。

 

それはさておき、先日お知らせした

絵本「雪がふるのは」/やもとあや著(文芸社)の本文イラストです。

雪がだんだん激しく降っていく様子をどう表現するか?ということに

苦心しました。

 

What's New

現在、お問い合わせフォームからのメールがこちらに届き難くなっています。申し訳ございませんが、私宛のメールは下記のアドレスにお願いいたします。

 

junko_1659☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてアクセスして下さい。)

(10/16/2018更新)

「大腸がんと告知されたときに読む本」/加藤隆佑著(緑書房)の装画を担当しました。

装丁:臼井新太郎

(2019/5.25更新)