さむいですね

冷え込みが一段と厳しくなり、しばれますね。

 

お正月も終わり鏡開きのお餅を食べ

寒中見舞いも発送し、やっと一段落している今日この頃です。

年賀状をくださったみなさま、ご挨拶が遅くなり失礼いたしました。

 

久しぶりに、年明けからNHK大河ドラマを見ています。

「いだてん」という東京オリンピックの話なのですが

珍しく近代モノなのと宮藤官九郎が脚本を書いているので

ちょっと興味が湧いたのです。

2020年に向けてタイムリーというか楽しそうだなと。。

古今亭志ん生をビートたけしさんが

東京都知事の東さんを「孤独のグルメ」の松重豊さんが演じていたりして

キャストも面白そうです。(他の役者さんもとても豪華)

オープニングの絵を山口晃さんが、タイトル文字を横尾忠則さんが担当されてて

そのあたりも、NHK気合入っているなあ~と感じるところです。

 

https://www.nhk.or.jp/idaten/r/

 

日本にスポーツ精神というものが無い時代に

柔道の創始者・嘉納治五郎が、日本の人達をどう説得して

オリンピックに参加していくか。。というくだりから始まります。

2020年の東京オリンピックをより楽しむために

知っていると面白そうな知識満載のドラマでした。

とお正月あたりはいつも面白がっているのですが

息切れして最終回まで見てないんですけどね。。

今年ぐらいは完走したいものです。

 

ところで、今月もジャパトラ1月号(住まい教育推進協会)の

森久美子さんの連載小説「木は生きている」

第十二話 地域づくりで恩を返す1 の挿絵を担当しました。

 

滋賀の長浜には「鯖そうめん」という郷土料理があるのですが

大工さんの現場などでは、鯖缶にそのまま冷やしそうめんを

入れて食べていたそうです。

このイラストを描くために私も実際に作って食べてみましたが

なかなかいけました。

よかったらみなさんも、一度トライしてみてください~。

 

What's New

現在、お問い合わせフォームからのメールがこちらに届き難くなっています。申し訳ございませんが、私宛のメールは下記のアドレスにお願いいたします。

 

junko_1659☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてアクセスして下さい。)

(2018/更新)

ぺーターズギャラリーコンペ2019で、木内達朗さん、藤田知子さんの審査で最終選考に選ばれました。

(2019/7.26更新)

「大腸がんと告知されたときに読む本」/加藤隆佑さん著(緑書房)の装画を担当しました。

装丁:臼井新太郎さん

(2019/5.25更新)