かなしくてやさしい午後

一昨日、装画塾でお世話になったデザイナーの関口さんの

「偲ぶ会」がギャラリーDAZZLEで行われました。

 

昼から、ギャラリーに関口さんのお写真、お花、装丁されたご本が展示され

縁のあった大勢の方々がお見えになりました。

涙ぐむ人、思い出話をする人、各人が関口さんを想い集った午後でした。

本当に関口さんは、多くの方々に慕われていたんだなと感じました。

 

最後に奥様と娘さん達がいらっしゃって、ご挨拶されていました。

装画塾の二回目の授業で、赤ちゃんの娘さんを連れてきていた

関口さん。(どうしても預けられなかったみたいで。。)

だから最初のイメージは赤ちゃんを抱いた

なんだか厳しそうな先生でした。笑

 

その時に、娘さんを抱っこさせてもらったのですが

泣かなかったので、ずいぶんしっかりしたお子さんだなと思ったのを

憶えています。その子が5歳くらいの可愛い女の子に成長して

偲ぶ会に現れて、装画塾の頃からもうこんなに月日が経っていたんだな。。

関口さんは、何よりも心残りなのはご家族なんだろうなと思うと

感極まりました。

 

誰かが、人生は長ければよいというものでもないと言っていたのを

思い出しました。優秀な関口さんは、40年という人生を

濃く走り切ったのかもしれません。

 

どうか残されたご家族に、沢山の幸がありますように

天国で関口さんが、心安らかに過ごされていますように

お祈りいたします。

 

偲ぶ会のおすそ分けにいただいたお花です。
偲ぶ会のおすそ分けにいただいたお花です。

What's New

現在、お問い合わせフォームからのメールがこちらに届き難くなっています。申し訳ございませんが、私宛のメールは下記のアドレスにお願いいたします。

 

junko_1659☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてアクセスして下さい。)

(10/16/2018更新)

仕事、オリジナルの新作をUPしましたので、よろしかったらご覧ください!

(8/22/2018更新)