めからうろこ

最近、装丁家の方のトークショーに伺ったり営業をしていて

目から鱗のようなご意見をお聞きし、なるほどと思うことがあります。

こういったご意見は装丁家、編集者の方個々人で千差万別なので

まあこんな意見もあるのだなという感じで

読んでいただければと思いますが。。

 

ある装丁家の方は

「僕は絵じゃなくて、描く人を見てイラストを発注するんだよ。」

とおっしゃっていました。

「えっ、絵を見ないの?!」と驚きましたが

作品ファイルを見ていただきながら、今の自分の絵に対する姿勢も性格も

見事に言い当てられてしまい、、お尻がムズムズするような気持ちになりました。

描く絵は、その人そのものなのかもしれませんね。

だから人が魅力的ならば、絵も魅力的なのかもしれません。

そういえば、知り合いの活躍しているイラストレーターは

接していて、皆なんというか。。キラキラと光るものを内包しているように

感じます。

 

その方は装丁をする時に、必ずしもテキスト(文章)を読み込む必要を

感じていないともおっしゃっていました。

何故なら、お客様は本屋で読んだことのないテキストに興味を持って

買うので、その時のお客様の感覚から離れていってしまうからだそうです。

テキストに魅力がなくても、装丁や装画が魅力的ならば

その魅力で、本を買ってもらうこともできるから。

確かにそれも一理だなと思います。

 

その方は、はっと息をのむような美しい装丁をされるので

その実績がこれらの言葉に説得力を持たせています。

 

そして何よりも、絵描きは何かを発信する力が大事なのだと思ったのが

「イラストを描くことはリアクションではなくアクションです。」

という言葉でした。これにはズガーンときてしまいました。

 

もっと自分らしく、自由に楽しくイラストを描きたい

今日この頃です。

 

What's New

現在、お問い合わせフォームからのメールがこちらに届き難くなっています。申し訳ございませんが、私宛のメールは下記のアドレスにお願いいたします。

 

junko_1659☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてアクセスして下さい。)

(10/16/2018更新)

仕事、オリジナルの新作をUPしましたので、よろしかったらご覧ください!

(8/22/2018更新)