なつのえいが

あいかわらずの暑さですね~~。

 

最近は、夏だから何処かに旅行にいくわけでもなく

家で仕事をしています。

ずっと見たいと思っていた映画があったので、借りて見てみました。

 

「グレン・グールド物語」 天才ピアニストの愛と孤独

「君の名は」

 

グレン・グールドというピアニストにハマっているというのは

以前、このブログでも書きましたが

どんな人だったのだろう?と興味があったので楽しみにしていました。

ドキュメンタリー形式で、面白かったです。

 

「天才」って、こういう感じなのかなと。。

彼の繊細な性格ゆえの、幸せと悲しみを感じました。

一部では、彼はアスペルガーだったのでは?と言われています。

知的で人懐こい性格だったけれど、反面こだわりが強過ぎて

深い人付き合いが苦手な方だったようです。

こういう人を見ると、「凡人の幸せ」って確かにあるんだなと思います。

50歳の時に、脳卒中でお亡くなりになったのが残念ですが

これからも彼のピアノは、時間を超えて人々を魅了してゆくのだと思います。

 

「君の名は」は今更という感じですが

こういう男女が入れ替わる設定は、よくあると思いましたが

監督の新海誠さんが時間や空間、天体など、物語のスケールを広げて

優秀なスタッフを集めて、新鮮な感じに上手く仕上げているなと思いました。

最近のジブリ映画よりずっと面白かったです。

アニメつながりで「この世界の片隅に」も折をみて見てみたくなりました。

 

それにしても、最近のアニメは昔に比べて多作というか。

人気漫画の実写化も多いし(例 ジョジョの奇妙な冒険とか)

イラストも、まだまだコミカライズされた絵が勢いがあるし

トランプにしても、松居一代にしても、家計学園の問題にしても

世の中が、何となくコミカライズされてきている気がするのは

私だけでしょうか。。?

 

私の描いているイラストなんて、まさに「この世界の片隅に」という感が

あるなあと思いました。笑(別に悲観しているわけではないですよ。)

 

では、みなさん熱中症などに気をつけてお過ごしくださいね~。

What's New

仕事、オリジナルの新作をUPしましたので、よろしかったらご覧ください!

(8/22/2018更新)