じもとのあじ

最近、まとめて読書する時間を作らず

電車で移動の時に、少しずつ本を斜め読みするクセがついています。

そんな風に読んだ本で、面白かったのが

稲垣篤子さんの「一坪の奇跡」/ダイアモンド社 です。

 

稲垣さんは、吉祥寺の「小ざさ」という

ハモニカ横丁(戦後のヤミ市の名残のような商店街)にある

羊羹と最中だけを作って売っている、小さい和菓子屋の店長です。

このお店、40年以上、一日限定150個の羊羹を買いにくるお客さんで

早朝に行列ができているのです。

たった一坪のお店なのですが、年商が三億円もあるそうです。

 

https://www.ozasa.co.jp/goods.php

 

私も物心ついた時から、小ざさの最中は食べていますが

形がハートのようで可愛らしく、餡子も一杯入っていて

美味しいので大好きです。

ですが羊羹は未だに食べたことがありません。。

早朝に並んでまで買うのがおっくうで、食べそこなっています。

 

稲垣さんのこれまでの人生を読んでいて

なるほど、あの最中にはこんな人生が凝縮されていたんだ。。と

40年行列が途絶えない理由が分かりました。

先代から始まり、美味しい羊羹と最中を作って味を維持させる

骨の折れるような、努力と工夫と誠意があったのですね。

 

稲垣さんの「あずきの声が聴こえる。」

という言葉が印象に残っています。

 

この本、日本図書設計家協会でご一緒している

装丁家の石間淳さんが装丁をされています。

石間さんは、学生時代にこの小ざさでアルバイトをされていたとのことで

「お札を数えるのが得意になっちゃったよ~。」と

そんなお話をお聞きしながら、地元の味の神秘を堪能しました。

 

最中は本当に美味しいので 、よかったら一度味わってみてください~。

 

見返しの紙が羊羹の小豆色でした。
見返しの紙が羊羹の小豆色でした。

What's New

現在、お問い合わせフォームからのメールがこちらに届き難くなっています。申し訳ございませんが、私宛のメールは下記のアドレスにお願いいたします。

 

junko_1659☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてアクセスして下さい。)

(10/16/2018更新)

仕事、オリジナルの新作をUPしましたので、よろしかったらご覧ください!

(8/22/2018更新)