ひきしめる

6月30日からギャラリーDAZZLEで開かれる

「老若男女世界文学選集装画展」に参加します。

 

マルプデザインの清水さんはじめ、デザイナーの方々に

課題図書の「旅のラゴス」/筒井康隆の装画をブックデザインをしていただき

原画と一緒に展示する企画です。

 

先日、最終のワークショップが終わりました。

同じ様な企画展に2年前、やはりDAZZLEの装画塾というところに

参加した経験があるのですが

自分のラフや作品をプレゼンテーションする時は

業界の一線で活躍されてる講師の方々の鋭い視線が怖く

自然と手や声が震えた覚えがあります。

 

今回のワークショップでは 準備不足もあり

先日の講評では、あまり良いプレゼンができなかった気がします。

ギャラリーのオーナーの方から

「装画塾の頃を思い出してください。」と言われ

色々と気付かされる思いがしました。

 

この2年で色々な経験をして、どこか図太くなっているのかもしれません。

今はプレゼンをしていても手が震えることはありませんが

あの頃の必死さが無くなっているな、とふと気が付きました。

2年前は自分のベストを尽くしても、空回りして叱られてばかりいましたが。。(笑)

気持ちが鈍化してしまっていたことに反省です。

 

それにしても最近、色々な事に手を出し過ぎているな~と感じています。

疲れも溜まっているのか、先日の飲み会では

話しかけてくれている目上の方の前で寝落ちしてしまいました。(涙)

ちょこちょことミスが多い昨今です。

 

改めて、魅力的な作品を制作して

それをお仕事に繋げることを考えて、もう少しシンプルにひきしめて

過ごしてゆきたいです。

 

1回目講評のラフです。カラーが装画でモノクロが挿絵です。
1回目講評のラフです。カラーが装画でモノクロが挿絵です。

What's New

現在、お問い合わせフォームからのメールがこちらに届き難くなっています。申し訳ございませんが、私宛のメールは下記のアドレスにお願いいたします。

 

junko_1659☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてアクセスして下さい。)

(10/16/2018更新)

仕事、オリジナルの新作をUPしましたので、よろしかったらご覧ください!

(8/22/2018更新)