さつきばれ

5月に入り、気持ちの良い季節になりましたね。

近所を散歩していると、心地よい風が頬を撫でるので

タンポポの綿毛のようにふわ~と浮かんでいたくなります。

 

みなさんは楽しいGWを過ごされたでしょうか?

私は結局、これといって出かけはせず

子供の日には菖蒲湯につかったり、近所の公園を散歩したり

友達と美術館に行ったり。。

 

菖蒲湯に浸かる習慣は、江戸時代からと言われていますが

端午の節句や、武士の出陣前に武運長久を願って

浸かったことが起源だと言われているようです。

(菖蒲=勝負)

もともとの起源は中国で、端午節に厄除けとして菖蒲を軒下につるしたり

菖蒲酒にして飲んだりしていたそうです。

それが日本に伝わってきたのが1300年前で

奈良・平安時代の頃だそうです。

1300年前の風習が、まだ続いているんですね!

 

菖蒲湯はゆっくり浸かっていると、体がポカポカしてくるのですが

実際に血行が良くなる効能があるそうです。

ちょうど腰痛だったので、なんとなく効いた気がしました。(笑)

 

吉祥寺美術館で開催されている「萩尾望都SF原画展」は

萩尾さんの1970~現代までのSF作品

「11人いる!」や「スター・レッド」などの原画が展示されていました。

中学生~大学生くらいまで読んでいましたが

哲学的な香りのする萩尾作品を、子供なりに刺激を受けて

楽しんで読んでいた覚えがあります。

吉祥寺市の美術館なので入館料が100円なのですが

沢山のお客さんが、小さい美術館にいらしていて

あのボリュームと見応えで、コスパがすばらしいな~と思いました。

 

こういう、まったりしたGWの過ごし方も良いものですね。

  

What's New