ふうぶつし

私の中で冬の風物詩といえば

フィギュアスケート・世界選手権なのですが

 

3月末にフィギュアスケート・世界選手権が、ボストンで開催されました。

今年の羽生選手は惜しかったですね~!

左足の甲靭帯損傷とのことで、本調子じゃなかったのでしょうか?

ショートは完璧だったのに、フリーで崩してしまいましたね。

でも今までが絶好調過ぎたので、ここでも完璧なフリーを演じていたら

神になってしまったでしょう。。

 

今年の羽生選手のショートの「ショパンのバラード一番」と

「SEIMEI」はどちらも大好きなプログラムでした。

特に「SEIMEI」(阿部清明)は、世界に日本の美しさを発信している感じの

プロで、誇らしく感じました。

 

今年もスペインのフェルナンデス選手が金メダルでした。

女子はロシアのエフゲニア・メドベデワ選手でしたね。

 

真央ちゃんは、今季は調子が悪く7位でしたが、フリーはトリプルアクセルも

決めて(回転不足でしたが)頑張りましたね。

何よりも現役続行の知らせが嬉しい知らせです。

心のどこかで見納めかも。。という気もしていたのでファンとしては

嬉しい限りです。

フリーの「蝶々夫人」は好きなプロだったので、最後に良いフリーが見れて

嬉しかったです。

 

それにしても時代は変わったなと思います。

ひと昔前だったら凄いことが、当たり前になってしまいました。

(例えば女子の3ルッツ+3トーループのコンビネーションジャンプなど)

本来持っている人間の可能性なんてそう変わらないのに

スポーツの難度が進歩してゆくのって、やはり教育の進歩なのでは?と感じます。

メンタル、フィジカルのどちらの鍛錬も研究が進んで

若い選手に施された結果なのかなと思いました。

 

他の選手もゆっくり見たいのですが。。

個展が終わったら、ゆっくり録画を堪能したいです~。

What's New

現在、お問い合わせフォームからのメールがこちらに届き難くなっています。申し訳ございませんが、私宛のメールは下記のアドレスにお願いいたします。

 

junko_1659☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてアクセスして下さい。)

(10/16/2018更新)

仕事、オリジナルの新作をUPしましたので、よろしかったらご覧ください!

(8/22/2018更新)