「ピグル」装画

この前、冬物の衣服をクリーニングに出したと思っていたら。。

それを着る季節になってしまいました。

風邪を引いている方が多い気がしますが

みなさん体調には気をつけて過ごしくださいね。

 

ところで、この度(株)金剛出版から発売されました

ドナルド・W・ウィニコット氏著/妙木浩之氏監訳の

「ピグル」 ある少女の精神分析的治療の記録

 

という書籍の装画を描かせていただきました。

 

この本はイギリスの小児科医、児童分析の大家ウィニコット氏による

ピグルというニックネームを持つガブリエルという少女の

2歳半から5歳2ヶ月までの16回にわたる心理療法の記録の全貌です。

様々な立場で子供と関わる方々には、興味深い読み物ではと思います。

大型書店の専門書コーナーなどで扱っておりますので

よろしかったら、ぜひお手に取って下さいませ~!

 

ブックデザインは装画塾でお世話になった、装丁家の臼井新太郎さんです。

 

昨年から描き始めた、色鉛筆タッチでのお仕事ですが

臼井さんには装画塾の時にも、色々なアドバイスをいただいていて

今回、こういう形で装画のご依頼をいただき、感謝の気持ちで一杯です。

べージュの地色と、繊細な文字が印象深く。。個人的にはとても気に入っています。


「装画を描きたい」という夢が一つかなった、嬉しい10月でした。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    水野行雄 (月曜日, 26 10月 2015 14:31)

    イラスト良いですね。感服しました。有り難うございます。

  • #2

    古川 (月曜日, 26 10月 2015 14:47)

    どうもありがとうございます。
    そう言っていただけて嬉しいです。今回のお仕事をチャンスに、次に繋げてゆけたらと思っています。

What's New

現在、お問い合わせフォームからのメールがこちらに届き難くなっています。申し訳ございませんが、私宛のメールは下記のアドレスにお願いいたします。

 

junko_1659☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてアクセスして下さい。)

(10/16/2018更新)

仕事、オリジナルの新作をUPしましたので、よろしかったらご覧ください!

(8/22/2018更新)