どうもありがとうございました

昨日で「插絵画家の会2015年展・コミュニケーション」が無事終了しました。

お越しくださった皆さま、誠にありがとうございました。


おかげさまで多くのお客様にご来場いただき、盛況のうちに終了いたしました。


今回は、日本農業新聞で連載中の小説「青い雪」/森久美子さん著の

挿絵を展示させてもらいましたが

「こんなに原画って小さいの?!」というご感想を多くいただきました。


色鉛筆というタッチのある画材を使っているので

タッチを生かすために、できるだけ縮小したくないという思いから

原画を小さくしているのです。


いくつかのご感想をいただき、今回も色々と勉強になりました。

他の作家さん達にも、沢山刺激をもらいました。

うっかりして、会期中に会場の写真を撮るのを忘れてしまいましたが。。(汗


この展示を励みに、また挿絵仕事やイラストを頑張りたいと思っていますので

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!


コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    水野行雄 (月曜日, 18 5月 2015 15:24)

    こんにちは。「展覧会」お疲れ様でした。
    良いイラストを拝見しました。ありがとうございました。

  • #2

    古川 (月曜日, 18 5月 2015 18:16)

    水野さん、お越しいただいてどうもありがとうございました。
    様々な魅力ある作家達の展示だったのではと思います。私もその片隅に入れるよう頑張りたいと思います。

What's New

現在、お問い合わせフォームからのメールがこちらに届き難くなっています。申し訳ございませんが、私宛のメールは下記のアドレスにお願いいたします。

 

junko_1659☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてアクセスして下さい。)

(10/16/2018更新)

「大腸がんと告知されたときに読む本」/加藤隆佑著(緑書房)の装画を担当しました。

装丁:臼井新太郎

(2019/5.25更新)