小説「青い雪」

少しご無沙汰していました。

天高く馬肥ゆる秋ですね~。

 

今度の10月6日(月)から、日本農業新聞で森久美子さんの小説「青い雪」の

挿絵を描かせていたただく事になりました。

 

小説の挿絵は8年ぶりなので、ドキドキワクワクしています。

長丁場になりそうなので、体調管理に気をつけて

過ごしてゆきたいと思っています。

 

無名に近い私を選んでくださった

日本農業新聞の吉澤さん、小説家の森さん

営業の場を設けてくださった插絵画家の会の岩田夫妻

に感謝しています。

 

思えば、装画の仕事がしたい!という思いを持って

ギャラリー・DAZZLEの装画塾の門を叩いたのが、今年の3月だったのですが

こんなに早く装画のお仕事のチャンスが巡ってくるとは

夢にも思っていませんでした。

 

装画塾で組み立て始めた、色鉛筆を使っての画法で

今回お仕事させていただく事になり、装画塾でお世話になった

ダズルの村松さん、宮川さん、臼井さん、関口さんにも

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

読者の方々に、小説の世界を楽しんでいただける装画を目指して

がんばりたいと思っておりますので

よろしくお願いいたします!

 

<物語の概要は>

北海道北東部の農村に住む主人公、美紀子が中学3年生だった1964年

東京オリンピックが開かれ、誰もが日本の明るい未来を夢見ていた。

卒業50年目のクラス会を機によみがえる切なくも楽しい青春の思い出。

初恋の人との再会を通じて、美紀子が気付いた大切なものとは―。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    水野行雄 (水曜日, 01 10月 2014 10:24)

    おはようございます。
    ご無沙汰しております。
    挿絵のお仕事御目出度うございます。

    私はイラストの「勘」がなかなか元に戻りません。
    焦らず描いて行きたいと思います。
    「展示会」情報などお知らせ下さい。

  • #2

    古川 (水曜日, 01 10月 2014 14:32)

    水野さん、こんにちは。ご無沙汰しております。
    どうもありがとうございます。

    >私はイラストの「勘」がなかなか元に戻りません。
    今まで描けていたものが、そうはいかなくなるのは
    もどかしい時間を過ごされているのでは、と心中お察しいたします。
    でも絵を描けるまで回復されてて良かったです。

    私の方は、展示会はしばらく予定がありませんが
    展示のご予定がありましたらお知らせください。

What's New

現在、お問い合わせフォームからのメールがこちらに届き難くなっています。申し訳ございませんが、私宛のメールは下記のアドレスにお願いいたします。

 

junko_1659☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてアクセスして下さい。)

(10/16/2018更新)

「大腸がんと告知されたときに読む本」/加藤隆佑著(緑書房)の装画を担当しました。

装丁:臼井新太郎

(2019/5.25更新)