らっきょうの漬物講習会

昨日はお誘いを受けて

友人3人と鳥取県のらっきょうの漬物講習会に行ってきました。

 

築地市場の青果売り場ビルの一角で開催されたのですが

今年採れたてのらっきょうは、大きくてぷりぷり輝いていました!

鳥取県の方に作り方を教えていただき、見よう見まねで作ってみたのですが

意外と簡単にできるので、よかったら作ってみてください~。

 

<らっきょう漬けの作り方>

①根と茎の付いたらっきょうを買ってきて、根と茎を切る。

②ボールに入れて、流水でもみこむようによく洗い、ザルにあげる。

(この時、薄皮はきれいに取ること!)

③らっきょうをよく洗い、らっきょう1kgに対してひとつかみの塩(20g)をまぶす。

1時間くらい放置。さらに5~6時間置くとらっきょうから余分な水分が抜ける。

④さっと水洗いをして、塩を流す。

⑤④をザルにあけ、しっかり水切りする。

⑥鍋にたっぷりのお湯を沸かし、沸騰したら⑤のらっきょうをザルごと入れ10秒間ひたす。茹ですぎないように注意。

⑦⑥をザルにあげ、一気に湯切りして冷ます。

⑧⑦を煮沸殺菌した容器に入れ、らっきょう酢をらっきょうがよく浸るまで入れる。

⑨らっきょう酢につけて10日頃からでも食べれるが、一ヶ月頃から美味しくなる。

※保存は夏は冷蔵庫、その他の季節は冷暗所でもOK。一年くらい保存できる。

 

帰りに築地市場場外のお寿司屋さんで、海鮮ひつまぶしとかに汁を堪能。

ひつまぶしって鰻が有名だけれど、海鮮もなかなかいけますね。

思わず彦麻呂顔になってしまう至福の時でした。。

 

この講習会、鳥取県やらっきょうのキャンペーンの意味もあったと思うのですが

無料で受けさせていただいて、しかも帰りにらっきょう1kgと漬物セットをお土産に

頂きました。 どうもありがとうございました。

さっそく、今朝漬物作りを始めてみました。

 

そして誘ってくれたRさんに感謝。。!

みんなで皮むき♪
みんなで皮むき♪
らっきょう酢をドバッと入れます
らっきょう酢をドバッと入れます
海鮮ひつまぶしとカニ汁
海鮮ひつまぶしとカニ汁

What's New

現在、お問い合わせフォームからのメールがこちらに届き難くなっています。申し訳ございませんが、私宛のメールは下記のアドレスにお願いいたします。

 

junko_1659☆yahoo.co.jp(☆を@に変えてアクセスして下さい。)

(2018/更新)

ぺーターズギャラリーコンペ2019で、木内達朗さん、藤田知子さんの審査で最終選考に選ばれました。

(2019/7.26更新)

「大腸がんと告知されたときに読む本」/加藤隆佑さん著(緑書房)の装画を担当しました。

装丁:臼井新太郎さん

(2019/5.25更新)